おもい

地域と共に

 みどり保育園は、昭和47年から無認可保育園としてこの石嶺という地域で保育園を営んできました。その後昭和50年の2月に厚生省の認可受け現在に至っています。 石嶺には自然がまだ豊かに残り、隣近所のつながりがまだ健在で、暮らしている人々の顔が見える地域です。そんな地域の中に保育園があることに感謝し、少しでもこの地域の子育てに役立ちたいと願いながら保育園を営んでいます。 みどり保育園は、まだ歩けない赤ちゃんから、木登りだってスルスルと上手にできる6歳の子どもまで共に生活している場です。私たちは子どもの「いま」を大切にし、一人一人の成長発達を援助し、子どもたちが「生きている喜び」を感ずることのできる保育園でありたいと願ってます。 自分の存在を肯定し他者の存在を喜び、お互いに認め合える社会づくりを願いここに保育事業を営むものです。

なんくるのひとりごと

アクセス


トップへ