保育方針

保育目標(私達が目指す子ども像)

  • 友だちと元気に仲良く遊ぶ子
  • のびのびと自己発揮できる子
  • 自分の意志をちゃんと相手に伝えられる子・互いの個性を認め合い、友だちといることを 喜べる子
  • 感受性の豊かな心の美しい子、何事にも興味を抱き、何事にも自ら挑戦しようとする子
  • 体験したことを言葉や態度で表現し、自分自身の楽しさを創造し仲間と分かち合える子
3人の子供

保育理念・保育園の役割

  • 児童福祉の理念に基づき,保育に欠ける子どもの保育を行い、健全な身心の発達    を保障する
  • どの子にも平等に保育の機会を与えられるよう、福祉の心を十分に発揮する
  • 全ての乳幼児が幸せに暮らせるよう職員は常に意識を高め資質の向上に努める。
先生と子供達

保育のねらい

  • 子どもたちは、職員一人一人に認められ、愛されているという実感を抱きながら、  好きな場所で好きな遊びを心ゆくまで楽しむ。
  • 室内保育室、自然環境を整え、四季折々の活動を充足しながら心と身体のバランスの良い成長、発達を促す。
  • 家庭的な雰囲気を維持しつつ、集団保育の良さが生かしてダイナミックな活動や行事  などの満喫する。
  • 年齢の発達の過程を押さえ、個人の発達の状態をしっかりと読み取り、日々の保育が  充実し、 子ども一人一人が満足感を十分に味わえる。
  • 子どもの家庭の状況を把握し支援や配慮の必要な家庭へは個別的に対応できるよう  に職員全員が心を一つに連携して対応する。
  • 親も子も保育者も「共に育ち」「共に高まり」「共に充実」する。お互いに尊重し得る関係。
ふざけた先生

みどり保育園の特徴

  • クラスの保育を主体としながら、異年齢の交流を多く取り入れ人間関係の深まりを育てる。
  • 年齢の遊びを充実させながら、教え込む保育ではなく体験の中から生きることへの意欲や、感性を育てる。(砂遊び、木登り、散歩、海山への体験活動、栽培など)
  • 障害を持っている子と共に生活することで、お互いの存在を認め、必要な援助を学ぶ  そして更に人間的な優しさも育む。

特別保育事業

  • 発達支援保育事業
  • 延長保育
  • 地域文化伝承

    発達支援保育

    • テーマ・・全ての子どもたちは、障害の有る無しに関わらず、人として尊ばれ大切にされる子どもの育ちには一人一人のリズムがある。同時に一人一人の課題もまた違う。保育園での生活の中で、子どもの持つ特性や課題に向き合い子どもの自身の生きにくさを探り、本人理解を深める。
    • 発達支援保育の目標{四つ葉のクローバー}

      「共育ち」   「仲間意識 」    

      「自分への自信の育ち」  「折り合いをつける力の育ち」

    • 保護者との連携

      一番の理解者である保護者から色々な事を学ぶ姿勢が大切。園全体が同じ考えの基で保育に当たっている事を理解していただく。保護者の意見や想いを充分に聞き入れる,親も子も職員も学び合い信頼関係 をつくりながら共に育ちあえるようにする。

      ひよこおもい健康・食育

なんくるのひとりごと

アクセス

トップへ